トイレとお風呂掃除は危険かいっぱい

妻が妊娠した後男性が出来るお手伝いは?

女性の仕事だと思いがちなトイレ掃除

2010年、「トイレの神様」という歌が大流行しました。シンガーソングライターである植村花菜が自身のおばあちゃんとの思い出を歌にしたもので、歌詞にはトイレには美しい女神さまが住んでいるのできれいにしなさい、とあります。トイレはきれいにすると良いことがある、ということを述べているのはこの歌だけではありません。トイレの掃除をしっかりとすることの重要性はよく耳にし、とくに女性はそのように教育されてきた人がたくさんいます。

狭いトイレを大きなおなかで掃除は無理

トイレはとても狭い空間で、おなかが大きい妊娠中の女性が掃除をすることは非常に大変です。妊娠中の女性は大きなおなかが邪魔となるため、動きが極端に制限されます。かがむこともできず、狭いトイレのなかでは十分に動くことは不可能です。掃除をしようとしても、十分にすみずみまできれいにすることはできません。また多くの人がトイレ掃除と聞くとイメージするゴシゴシとこする行為は、おなかに力をいれなければできません。妊娠中の女性はおなかに力をいれると、流産を引き起こすことがあるため大変に危険です。

尿などは広範囲にわたって飛び散り、床だけでなく壁にまで汚れが広がっている場合があります。妊娠中の女性はとくに健康に注意して過ごす必要がありますが、トイレの床や壁が汚れた状態では不衛生で、いつ、どんな病気が引き起こされるかわかりません。大きなおなかでは十分にすることができないトイレ掃除も、夫に手伝った欲しい家事のひとつにあげられます。

お風呂掃除も妊婦にとっては怖い家事

お風呂掃除も夫に分担して欲しい家事です。お風呂掃除には滑ってしまって転倒するという危険がつきものです。またかがむことができないため、浴槽の底の方にまで手が届きません。無理をすれば頭から浴槽に落ちるという、考えるだけでも恐ろしい結果になります。おなかに力をいれると流産の危険があるため、床も十分に磨くことができません。不衛生であり、入浴中の転倒を引き起こすことにもなります。ぜひとも協力してあげましょう。

刺激が強い洗剤は出来れば使わない方が

トイレやお風呂の掃除に使う洗剤は強力で、間違った使い方をすると事故を引き起こすことがあるので、注意する必要があります。市販されている洗剤の多くは、化学物質を原料としています。妊娠中の女性は化学物質との接触は避けた方が無難であると考えられています。

妊娠前から継続して飲んだ方が良いとされる葉酸サプリやそれまで使用していたヘアケア剤、化粧品など、天然由来の成分を使用している製品に変える女性がたくさんいます。トイレ掃除やお風呂掃除に使う洗剤を直接口に入れたり肌に塗ったりすることはありませんが、泡などが顔の付近に飛び散ったり手に少しついてしまったりすることは十分に考えられます。万が一のことを考えるとできるだけ自然のものに近い、低刺激の洗剤を使用したほうが無難です。

トイレの黄ばみを取る洗剤、お風呂のカビ掃除に使う洗剤は、とくに強力なものとなっています。パッケージにも「取り扱いに注意」や「混ぜるな、危険」などと書かれていますので、このような洗剤を使用しての掃除は本当に気をつけて行わなければなりません。

「必ず換気」などと書かれているものはもちろん、書かれていない場合でも新鮮な空気を取り入れることができるようにしてから、掃除を始めるようにしましょう。強力な洗剤を使うような掃除も、できれば旦那に手伝ってもらった方が安全です。

掃除中、風邪もひかないように注意して

トイレやお風呂場は、リビングや寝室とは温度が違っているのが普通です。とくにトイレは狭く、暖房機器を置くスペースも十分ではありません。そのため冬でも寒いまま、我慢して使っている人が大勢います。掃除をするときも、その他の部屋と寒暖差はそのままです。冬は寒いなかで掃除をすることになるので、風邪をひかないように注意する必要があります。

妊娠中の女性は科学物質を身体の中に取り入れることを、できるだけ避けなければなりません。化学物質は人間が作り出した物質で、自然界には本来ないはずの物質です。

人間に対して予想外の作用をすることも考えられるため、妊娠中の女性は摂取を控えた方が良いとされています。薬も化学物質でできており、妊娠中はその人にとってどうしても欠かすことができない、限られたものしか飲むことができません。風邪をひいても薬を飲んで治すことはできず、苦しい思いをします

風邪をひくと治癒に体力が奪われるため栄養が不足したり、発熱によって子宮を満たしている羊水の温度が上昇したりします。

どちらもおなかの赤ちゃんに危険を与えることもあるので、妊娠中の女性にとって風邪は大敵となります。トイレやお風呂など他の部屋との寒暖差がある場所を掃除するさいは、風邪をひかないように注意して行いましょう。